トップページ >  育毛シャンプーの効能成分 >  頭皮細胞を活発にする成分

頭皮細胞を活発にする成分(栄養)

頭皮や髪の栄養補給には、育毛剤などで体の外側から与えられる栄養が必要です。 外側から直接頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えることで、頭皮細胞を活性化させます。

頭皮の細胞には毛母細胞と言うものがあります。これは髪の毛の大本になる成分で、ここに働きかけることによって、育毛を行うことができます。 毛母細胞に働きかける成分は、たとえばアデノシン三リン酸があげられます。これはもともと細胞に含まれている成分です。 そのため、アデノシン三リン酸が増えることにより、毛母細胞が活動的に分裂していき、育毛のためのよりよい環境を整えることができます。

また、ぺンタデカン酸グリセリドも有効な成分です。これは先ほどのべたデノシン三リン酸を増加させる働きがあります。 デノシン三リン酸を活性化させることによって、さらなる育毛効果をのぞむことができます。

他にはローヤルゼリーが挙げられます。ローヤルゼリーは女王蜂が食べるものであり、ミネラルやビタミンなどが多分に含まれています。 また、頭皮の細胞に必要なアミノ酸もたっぷりと含まれており、髪の毛を育てるための栄養素を補給することができます。

育毛するためには、髪の毛の栄養源となるものが必要不可欠と言えます。その役割をローヤルゼリーが果たしていると言っていいでしょう。 下記に頭皮細胞を活性化する成分をあげておきます。参考にされてください。



栄養を補給する代表的な成分

亜鉛、アセチルメチオニン、セリン、ワレモコウエキス、CTP、ポリリン酸、ケラチン、ヨウ化ニンニクエキス、セリン、バリン、イノシトール、システィン、オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)、ワカメエキス、ヘマチン、カギイバラノリエキス、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸など)、ユッカグラウカ根エキス、ヒバマタエキス、BCAA、発酵エキス、アミノ酸各種(グリシン、アラニン、ゼイン、アムラ、サンシャエキス、パントテニルエチルエーテル、ビオチン、スレオニン、セリン、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、など





育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集