トップページ >  育毛シャンプーの効能成分 >  過剰な皮脂分泌を抑える成分

過剰な皮脂分泌を抑制する成分(抗脂漏)

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、頭皮の毛穴に菌が溜まりやすくなります。 これが脱毛の原因になります。

年々年齢を重ねていくことに、頭が油っぽくてベタベタする、痒みや臭いが気になるなど頭皮の皮脂の過剰分泌にまつわる悩みは尽きないと思います。 また、雑菌が繁殖しやすいのでふけや抜け毛や細毛の原因にもなっていきます。

普通の考えだとシャンプーを何度もして地肌の脂をすっきり根こそぎ洗い流せばよさそうなものですが、これは大間違いです。 なぜかというと皮脂は皮膚を守るために必要最低限のものを洗い流してしまうと逆に異常な量を分泌してしまうからです。 これは、洗顔も一緒で、あぶら取り紙で、一日に何回も使っている人ほど、テカテカした顔になっていると思います。

その他の原因としてはシャンプーの有害な成分や生活習慣病でもあるストレスです。 刺激のある成分に頭皮が反応して自己を守るために分泌が促進されることもあります。徹夜で仕事や課題の提出などをしているときなどに、頭皮の油が以上に出ていると実感された方も多いと思います。 頭皮の皮脂・べたつきを抑制するためにはまず何ができるかを考えたところ、食事を脂っこいものを控えるであるとか、ストレスを溜め込まないようにするなど生活態度を改めることのほかに、手軽に導入できるのはアミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸のシャンプーは程よい洗浄力で頭皮の皮脂を洗浄しすぎることなく、適度な洗いごこちになっており、 肌が本来持っている天然潤い成分の主成分であるアミノ酸が美容成分として名高いコラーゲンもアミノ酸によって構成されているため、 表皮では細胞が活発に細胞分裂を繰りかえし、角質層に向かって新陳代謝をしているのに対し、真皮ではそれほど新陳代謝は盛んではなく、 コラーゲン組織の中にある細胞のなかでグリシンやプロリン、アラニンなどのアミノ酸を原料としてコラーゲンやエラスチンを合成しています。

皮脂の過剰分泌がよくないのは、顔のお肌と同じ理屈です。 頭皮の皮脂を過剰に分泌しない育毛成分が必要です。脱毛予防には頭皮環境を整えておくことが効果的といえます。



皮脂の過剰分泌を予防する代表的な成分

ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、カシュウ、イオウ、チオキソロン、褐藻エキス(一部)、海藻類エキス(一部)、ユニトリエノール、デンタタ葉エキス、オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)、ワカメエキス、リン酸アスコルビルMg、アマモエキスなど





育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集