トップページ >  育毛シャンプーの効能成分 >  頭皮の肌荒れを抑える成分

消炎成分

頭皮が炎症を起こすと、赤黒くなり、かゆみや痛みが起きます。そのため、頭皮に不快感を覚えるのはもちろんのこと、髪の毛の発育に支障をきたす場合があります。 だからこそ、頭皮の炎症をおさえる成分が必要となります。 頭皮の肌荒れを防ぐことは、脱毛を予防することにもつながります。 消炎成分で、頭皮環境を整えることは、脱毛予防には不可欠です。

頭皮の炎症を抑える成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが挙げられます。 これは、漢方薬のカンゾウに含まれる成分であり、抗炎症作用が期待できます。医薬品としては抗アレルギー薬や風邪薬などに使用されています。 それ以外の用途では、育毛剤をはじめ、化粧品や石鹸などに使われています。

グリチルリチン酸ジカリウムは白い粉末、なおかつ水によく溶ける成分のため、あらゆる製品に配合することができます。 なおかつ、肌の炎症だけでなく、フケなどを押さえることもできるので、髪の毛のケア関連に使用されています。 しかし、グリチルリチン酸ジカリウムは1日の摂取量が制限されています。1日40ミリグラムを超えてしまった場合は、偽アルドステロン症が発症してしまう可能性があります。 偽アルドステロン症とは、手足のしびれ、ツッパリ感などを生じる症状です。そのため、過剰に摂取することは健康に害を及ぼします。

頭皮の肌荒れがひどい場合は、にきびや湿疹が頭皮にできてしまいます。 またにきびや湿疹ができる前に、 その他にも、肌の炎症を抑える成分をいくつかあります。下記に上げているので参考にしてみてください。



頭皮を炎症を抑える代表的な成分

グリチルリチン酸2K、、シャクヤクエキス、マンゴーエキス、アムラ、リタ、タカサブロウエキス、シナノキエキス(フユボダイジュ花エキス)、塩酸ジフェンヒドラミン、オノニスエキ、ラウレス-9、アラントイン、エビネエキス、ユーカリエキス 、トウガラシチンキ、カンゾウエキス、チンピエキス、ボタンエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、アルニカエキス(アルニカ花エキス)、オドリコソウエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス、サクラ葉抽出液、アロエベラエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、セージ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ドクダミエキス、スギナエキス、月見草エキス、紫根エキス、ブッソウゲ葉エキス、オウゴンエキス、、PCA亜鉛、セイヨウトチノキ種子エキス(マロニエエキス)、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カニナバラ果実エキス、ダマスクバラ花水、ラベンダーエキス、マテチャ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、トウキンセンカエキス、フユボダイジュ花エキス、アルテア根エキス、シラカバエキス、ケープアロエエキス、ヤグルマギク花エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、ヘチマエキス、コーヒー種子エキス、アルテミシアウンベリホルミスエキス、、アロエエキス(アロエベラ葉エキス)、ショウキョウエキスなど





育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集