トップページ >  育毛シャンプーの効能成分 >  頭皮の角質を柔らかくする成分

頭皮の角質を柔らかくしてフケを予防する成分

頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させます。頭皮は乾いてはいけません。そのために保湿が第一ですが、 頭皮の角質を膨潤させてから軟化させるのがフケには効果的です。 頭皮の角質を柔らかくすることは、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にもつながります。

最近の育毛シャンプーには、頭皮の角質を柔らかくしてフケを予防してくれるという成分が含まれているものがあります。 このような効果を、角質溶解作用といいます。頭皮の角質に水分を含ませて柔らかくすることで、固い弱ってしまった頭皮を柔らかい元気な頭皮にしてくれるのです。 フケ予防と発毛環境を整えるためには、とても効果的な作用であるといえます。

育毛シャンプーに含まれている角質を溶解してくれる成分の具体例としては、サリチル酸、エビネエキス、乳酸、ヨクイニンエキス、トレハロース、レゾルシン、ホップエキスなどがあります。 更に、サリチル酸には解熱・鎮痛・消炎・殺菌作用があり、エビネエキスにはフケの原因となる菌の繁殖を抑える働きがあります。 エビネエキスには副作用の心配がありませんので、安全性の高い成分であると言われています。

この中でも、レゾルシンという成分は、かぶれを引き起こしてしまうことがあるので旧指定成分だったということで注意が必要です。 育毛シャンプーを選ばれる際は、こういった成分にも注意してシャンプー選びをされることをお勧めします。

また、サリチル酸は、育毛剤の成分として新たに開発された成分ではありません。サリチル酸は育毛剤よりももっと身近なお薬として活用されてきた歴史を持ちます。 サリチル酸は解熱剤や鎮痛剤として一般的な成分です。さらに、雑菌の繁殖を抑えたり角質を溶かす働きがあることから化粧品としても用いられるようになりました。 このように、サリチル酸は解熱や鎮痛に作用があるだけでなく、お肌の環境を整えることに効果があることがわかります。

こうした働きを期待して、最近では育毛剤に配合されることの多い成分になっています。サリチル酸は角質を溶かす働きがあるので、健康な頭皮環境を整えるにはもってこいの成分です。毛穴に詰まる頑固な角質をサリチル酸で溶かすことが期待できます。 フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものでもあるので、サリチル酸を配合することでフケを予防する効果も期待できます。 基本的には副作用の少ない成分と言われていますが、万が一お肌が赤くなるなどが見られた場合は使用を中止して、医療機関を受診するとよいでしょう。



頭皮を柔らかくする代表的な成分

ホップエキス、乳酸、ヨクイニンエキス、トレハロース、エビネエキス、サリチル酸、レゾルシン、など





育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集