トップページ >  自分の頭皮に合うシャンプー選び >  フケ予防にいい育毛シャンプー

頭皮の角質にいい成分とフケ予防にいい男性用育毛シャンプーは?

頭皮の角質を柔らかくする成分

頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させます。頭皮は乾いてはいけません。そのために保湿が第一ですが、 頭皮の角質を膨潤させてから軟化させるのがフケには効果的です。 頭皮の角質を柔らかくすることは、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にもつながります。

最近の育毛シャンプーには、頭皮の角質を柔らかくしてフケを予防してくれるという成分が含まれているものがあります。 このような効果を、角質溶解作用といいます。頭皮の角質に水分を含ませて柔らかくすることで、固い弱ってしまった頭皮を柔らかい元気な頭皮にしてくれるのです。 フケ予防と発毛環境を整えるためには、とても効果的な作用であるといえます。

育毛シャンプーに含まれている角質を溶解してくれる成分の具体例としては、サリチル酸、エビネエキス、乳酸、ヨクイニンエキス、トレハロース、レゾルシン、ホップエキスなどがあります。 更に、サリチル酸には解熱・鎮痛・消炎・殺菌作用があり、エビネエキスにはフケの原因となる菌の繁殖を抑える働きがあります。 エビネエキスには副作用の心配がありませんので、安全性の高い成分であると言われています。

この中でも、レゾルシンという成分は、かぶれを引き起こしてしまうことがあるので旧指定成分だったということで注意が必要です。 育毛シャンプーを選ばれる際は、こういった成分にも注意してシャンプー選びをされることをお勧めします。

また、サリチル酸は、育毛剤の成分として新たに開発された成分ではありません。サリチル酸は育毛剤よりももっと身近なお薬として活用されてきた歴史を持ちます。 サリチル酸は解熱剤や鎮痛剤として一般的な成分です。さらに、雑菌の繁殖を抑えたり角質を溶かす働きがあることから化粧品としても用いられるようになりました。 このように、サリチル酸は解熱や鎮痛に作用があるだけでなく、お肌の環境を整えることに効果があることがわかります。

こうした働きを期待して、最近では育毛剤に配合されることの多い成分になっています。サリチル酸は角質を溶かす働きがあるので、健康な頭皮環境を整えるにはもってこいの成分です。毛穴に詰まる頑固な角質をサリチル酸で溶かすことが期待できます。 フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものでもあるので、サリチル酸を配合することでフケを予防する効果も期待できます。 基本的には副作用の少ない成分と言われていますが、万が一お肌が赤くなるなどが見られた場合は使用を中止して、医療機関を受診するとよいでしょう。



頭皮を柔らかくする代表的な成分

ホップエキス、乳酸、ヨクイニンエキス、トレハロース、エビネエキス、サリチル酸、レゾルシン、など



頭皮を保湿する成分

頭皮の乾燥は、表皮に余分なフケを残すばかりでなく、頭皮の代謝を低下させます。 脱毛の要因をつくらないためには、顔のお肌以外にも、頭皮にも保湿も毎日行うことです。 育毛剤には髪の毛や地肌に効果的な成分が配合されています。しかし、どんなに努力して髪の毛を育てても、魅力のない毛髪では意味がありません。 だからこそ、きちんと保湿され、美しい髪の毛を育てたいものです。

頭皮を保湿する成分は、だいたいの育毛剤や化粧水などに使用されています。毛穴に頭皮を保湿する成分が入ると、毛穴の内部からふっくらとケアすることができます。 そうすることで、開きがちな毛穴をきゅっと引き締めることができるので、髪の毛が抜けにくい体質にすることができます。 また、髪の毛自体の保湿をすることも可能です。切れ毛や枝毛を防ぎ、キューティクルを守る効果があります。 どうしても、ダメージが大きいとパサつきがちな髪の毛も、頭皮を保湿する成分を使用することで、柔らかで瑞々しい髪の毛になることができます。

以下に、ヘアケア用品で使う保湿成分を上げていますが、コスメにも使われている成分なので、よく耳にするものが多いと思います。 ヘアケア用品にも、下記成分が含まれているかチェックしてみてください。



頭皮を保湿する代表的な成分

キナエキス、ゼニアオイエキス、ユズエキス、アルテア抽出液、ワレモコウエキス 、サンザシエキス、イチョウ葉エキス、昆布エキス、BG、米ヌカエキス、ヒオウギエキス、ジオウエキス(アカヤジオウ根エキス)、キナエキス、マツエキス、オドリコソウ花エキス、スギナエキス、ヒバマタエキス、オオウメガサソウ葉エキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウム、ピロリドンカルボン酸、ヒアルロン酸、オタネニンジンエキス、キュウリ果実エキス、加水分解オクラ種子エキス、アムラ、シカカイ、みかんエキス、植物オイル(保湿用)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、カカオバター、アマモエキス、アロエ抽出液、オトギリソウエキス、海藻エキス、キトフィルマー、トウキンセンカエキス、ローヤルゼリーエキス、レモンエキス、シルクエキス、オレンジエキス、アセロラエキス、プルーン分解物、プラセンタエキス、コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、チェリモヤ果実エキス、ハスエキス(ハス雄しべエキス)など



フケ予防にいい育毛シャンプー

フケ・かゆみを予防するには、フケと元となる角質のコンディションを整える成分が必要です。
フケ・かゆみが多くて困っている男性の方が、育毛シャンプーを選ぶ際には保湿成分・角質溶解成分を確認しましょう。 保湿剤の成分ははよく化粧品の宣伝で耳にしますが、角質溶解成分をいうのは、あまり耳にしないと思います。

頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。 角質溶解成分は、フケの元となる角質層を柔軟にする成分で、角質層が柔らかくなるので、洗浄効果もあがり、シャンプーとは相性がいい成分なのです。

特に男性の場合は、皮脂の分泌が多すぎることで角質層がはがれ落ち、かゆみをともなって頭皮の状態が悪くなることがあります。 保湿成分に加えて、頭皮の角質を膨潤させる角質軟化成分がシャンプーに含まれていると、フケ予防になります。

育毛というと、血行促進ばかり目が行きますが、頭皮環境の改善や育毛には、大切な要素です。

保湿成分と角質溶解成分の両方が配合されている男性向けのシャンプーをリストをまとめました。
(「保湿」と「角質溶解」の列が、両方とも"○"か"◎"のシャンプーのみを全商品から抽出)
特にフケ・かゆみ予防に期待できる成分が多いのは下記のシャンプーです。
   ・プレミアムブラックシャンプー
   ・ウーマシャンプー
   ・アルガンK2
   ・モンゴ流シャンプー
   ・インディアン伝承シャンプー

いずれも育毛成分の種類が多いシャンプーが多いのが特徴です。
(成分のことは、成分評価ページを参照してください)

インディアン伝承シャンプーのように、インドの代表的な植物エキスを使っているものあります。 フケ・かゆみに困る方は、選択の際にこれらの点をチェックしてみましょう。


フケ予防にいい育毛シャンプーリスト(「保湿」「角質溶解」列が"○"か"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評

スカルプD オイリー

アミノ酸系・植物系洗浄剤

各種ポリマー・防腐剤



プレミアムブラックシャンプー

ピュアブラック・アミノ酸系

なし



ウーマシャンプー

馬油・アミノ酸系

オレフィンスルホン酸Na



インディアン伝承シャンプー

アミノ酸系・粘土・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


凌駕ホワイトクレイシャンプー

粘土・植物系洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na



アルガンK2

アルガンオイル・アミノ酸系

なし



モンゴ流シャンプーEX

アミノ酸系・植物性・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


ニーズプラスシャンプー

植物性洗浄剤・ベタイン系

なし


Hattoナチュラルシャンプー

カリ石ケン素地・マンナン

なし


ブラックケアシャンプー

植物性洗浄剤・ベタイン系・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na、イソプロパノール



【男性用】50種類の「男性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?


育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!