トップページ >  自分の頭皮に合うシャンプー選び >  フケ予防にいい育毛シャンプー

フケ予防にいい育毛シャンプー


フケ・かゆみを予防するには、フケと元となる角質のコンディションを整える成分が必要です。
フケ・かゆみが多くて困っている男性の方が、育毛シャンプーを選ぶ際には保湿成分・角質溶解成分を確認しましょう。 保湿剤の成分ははよく化粧品の宣伝で耳にしますが、角質溶解成分をいうのは、あまり耳にしないと思います。

頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。 角質溶解成分は、フケの元となる角質層を柔軟にする成分で、角質層が柔らかくなるので、洗浄効果もあがり、シャンプーとは相性がいい成分なのです。

特に男性の場合は、皮脂の分泌が多すぎることで角質層がはがれ落ち、かゆみをともなって頭皮の状態が悪くなることがあります。 保湿成分に加えて、頭皮の角質を膨潤させる角質軟化成分がシャンプーに含まれていると、フケ予防になります。

育毛というと、血行促進ばかり目が行きますが、頭皮環境の改善や育毛には、大切な要素です。

保湿成分と角質溶解成分の両方が配合されている男性向けのシャンプーをリストをまとめました。
(「保湿」と「角質溶解」の列が、両方とも"○"か"◎"のシャンプーのみを全商品から抽出)
特にフケ・かゆみ予防に期待できる成分が多いのは下記のシャンプーです。
   ・プレミアムブラックシャンプー
   ・ウーマシャンプー
   ・アルガンK2
   ・モンゴ流シャンプー
   ・インディアン伝承シャンプー

いずれも育毛成分の種類が多いシャンプーが多いのが特徴です。
(成分のことは、成分評価ページを参照してください)

インディアン伝承シャンプーのように、インドの代表的な植物エキスを使っているものあります。 フケ・かゆみに困る方は、選択の際にこれらの点をチェックしてみましょう。


フケ予防にいい育毛シャンプーリスト(「保湿」「角質溶解」列が"○"か"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評

スカルプD オイリー

アミノ酸系・植物系洗浄剤

各種ポリマー・防腐剤



プレミアムブラックシャンプー

ピュアブラック・アミノ酸系

なし



ウーマシャンプー

馬油・アミノ酸系

オレフィンスルホン酸Na



インディアン伝承シャンプー

アミノ酸系・粘土・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


凌駕ホワイトクレイシャンプー

粘土・植物系洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na



アルガンK2

アルガンオイル・アミノ酸系

なし



モンゴ流シャンプーEX

アミノ酸系・植物性・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


ニーズプラスシャンプー

植物性洗浄剤・ベタイン系

なし


Hattoナチュラルシャンプー

カリ石ケン素地・マンナン

なし


ブラックケアシャンプー

植物性洗浄剤・ベタイン系・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na、イソプロパノール




育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集