トップページ >  自分の頭皮に合うシャンプー選び >  洗浄成分がよい男性用育毛シャンプー

育毛シャンプーの洗浄成分と洗浄成分が良い男性用育毛シャンプーは?

育毛シャンプーの洗浄成分

洗浄成分は育毛の効能ではありませんが、シャンプーの中核をなす成分です。
正確には洗浄成分とは、肌の表面や毛髪などの汚れ物質を水に洗い流す成分です。ヘアケアで使われるシャンプーの主成分以外にも、クレンジング、洗顔料など 幅広く使われています。これらの洗浄成分は、界面活性剤と呼ばれます。

化学成分的には、親水基と新油基の両方を持っている分子です。普通は混ざり合わない水と油が、親水基と新油基の両方を持っている洗浄成分の表面張力を低下する力で、 容易に混ざりあうようになります。

界面活性剤はたくさんありますが、これらの中で、油汚れを水で洗い流す作用に優れた英文が洗浄成分として用いられています。 洗浄成分で使われる界面活性剤の安全性は担保されていますが、長期で使用すると肌に刺激をもたらす界面活性剤もあります。

界面活性剤によって、肌やヘアケアのコンディションに影響していくので、しっかりと見極める必要のある成分です。



洗浄成分がよい男性用育毛シャンプー

育毛シャンプーを求めるなら、育毛成分と同等に洗浄成分がよい男性向け育毛シャンプーを選びましょう。
育毛シャンプーをの育毛成分がどんなにすぐれていても、洗浄成分が硫酸系で肌に悪い合成界面活性剤では、頭皮の改善には意味がありません。

この点に注意しなければいけないのは、育毛剤との購入の違いともいえます。

洗浄成分のタイプは、合成界面活性剤、アミノ酸やたんぱく質系、植物由来の界面活性剤、石鹸系などいろいろあります。 たいていはこれらを組み合わせていますが、成分は表示の前から後に向かって濃度が低くなるので、どのへんに刺激成分があるのか・ないのかを注意深くみてください。

育毛シャンプーは、育毛成分を多く含むとなぜか洗浄成分が合成洗浄剤が使われるケースが多いのですが、そうでないものもあります。
(「洗浄成分」の列が、"◎"のシャンプーのみを全商品から抽出)

プレミアムブラックシャンプーは、洗浄成分、育毛成分、それ以外の成分に全てに刺激成分が排除されている徹底ぶりです。

また馬油をつかったウーマシャンプーや、アルガンオイルで頭皮を洗うアルガンK2なども比較的刺激が少なくおススメです。 成分評価ページでも、成分を比較して確認してみてください。


洗浄成分がよい男性用育毛シャンプーのリスト(「洗浄成分」の列が"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評


プレミアムブラックシャンプー

ピュアブラック・アミノ酸系

なし



ウーマシャンプー

馬油・アミノ酸系

オレフィンスルホン酸Na



アルガンK2

アルガンオイル・アミノ酸系

なし


Hattoナチュラルシャンプー

カリ石ケン素地・マンナン

なし



【男性用】50種類の「男性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?


育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!