トップページ >  自分の頭皮に合うシャンプー選び >  頭皮の栄養補給できる育毛シャンプー

頭皮の細胞活性・代謝をよくする成分と頭皮にいい男性用育毛シャンプーは?

頭皮細胞を活発にする成分

頭皮や髪の栄養補給には、育毛剤などで体の外側から与えられる栄養が必要です。 外側から直接頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えることで、頭皮細胞を活性化させます。

頭皮の細胞には毛母細胞と言うものがあります。これは髪の毛の大本になる成分で、ここに働きかけることによって、育毛を行うことができます。 毛母細胞に働きかける成分は、たとえばアデノシン三リン酸があげられます。これはもともと細胞に含まれている成分です。 そのため、アデノシン三リン酸が増えることにより、毛母細胞が活動的に分裂していき、育毛のためのよりよい環境を整えることができます。

また、ぺンタデカン酸グリセリドも有効な成分です。これは先ほどのべたデノシン三リン酸を増加させる働きがあります。 デノシン三リン酸を活性化させることによって、さらなる育毛効果をのぞむことができます。

他にはローヤルゼリーが挙げられます。ローヤルゼリーは女王蜂が食べるものであり、ミネラルやビタミンなどが多分に含まれています。 また、頭皮の細胞に必要なアミノ酸もたっぷりと含まれており、髪の毛を育てるための栄養素を補給することができます。

育毛するためには、髪の毛の栄養源となるものが必要不可欠と言えます。その役割をローヤルゼリーが果たしていると言っていいでしょう。 下記に頭皮細胞を活性化する成分をあげておきます。参考にされてください。



栄養を補給する代表的な成分

亜鉛、アセチルメチオニン、セリン、ワレモコウエキス、CTP、ポリリン酸、ケラチン、ヨウ化ニンニクエキス、セリン、バリン、イノシトール、システィン、オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)、ワカメエキス、ヘマチン、カギイバラノリエキス、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸など)、ユッカグラウカ根エキス、ヒバマタエキス、BCAA、発酵エキス、アミノ酸各種(グリシン、アラニン、ゼイン、アムラ、サンシャエキス、パントテニルエチルエーテル、ビオチン、スレオニン、セリン、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、など



頭皮の代謝を活発にする成分

頭皮の皮膚呼吸を施す酵素の活性化されるために、頭皮の代謝を活性化する成分は存在します。 頭皮の皮膚呼吸がよくすることで、余計な皮脂やフケが頭皮に溜まらなります。 こうして頭皮環境を改善することが、脱毛予防につながります。

頭皮が痒かったりフケで悩んでいる人は多いです。 洗髪した時は、気持ち良く痒みが取れるのですが、数時間もすると痒くなってきて大変不快です。 頭皮の新陳代謝を活性化させると頭皮に残っている余分な汚れが落ち発毛を促進させます。

頭皮の新陳代謝を活性化させる成分の一つは、 クロレラなどの自然の生薬です。 これらを配合させた育毛剤を使う事で頭皮が活性化され、頭皮の汚れを落としやすくし、発毛を助長してくれます。

もちろん育毛剤を使うだけではなく、頭皮をマッサージしたり、間違った洗髪方法を しない様にする事も大変重要な事で、それを怠ると折角良い育毛剤を使って頭皮を 活性化させても、効果を期待する事はできません。

頭皮に無駄な汚れを残さない様にする事で、髪の根元から呼吸しやすくなる為の様です。 いつまでも美しい髪を持ち続けたいなら正しい髪のお手入れや頭皮を活性化させる育毛剤を使うことが大切です。



頭皮の代謝を活性化する代表的な成分

クロロフィル、ヒノキチオール、パントテント酸(パンテノール)、クロレラエキス、サンザシエキス、酵母エキス(一部)、トウニンエキス、ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス)、デカペプチド-4、ゴレンシ葉エキス、クコの実、、ナノ金コロイド、ユッカグラウカ根エキス、クロレラエキス、オクタペプチド-2など



頭皮の栄養補給できる育毛シャンプー

栄養補給というと、食べ物から吸収するイメージがありますが、皮膚の表面のコンディションを整える意味でなら外部からの直接吸収もあります。

頭皮の栄養を補給できる育毛シャンプーを選ぶなら、シャンプーに含まれている栄養補給成分をチェックしましょう。 比較表のリストの列にも含まれています。

髪・爪・皮膚の角質層を形成する成分は、ケラチンや18種類のアミノ酸が結合したタンパク質から構成されます。 頭皮や髪に必要なアミノ酸・ビタミンなどの栄養を与えると、頭皮細胞を活性化させるので、育毛を促進することになります。

栄養補給のメリットは、髪のハリ・コシがよくなることです。 細毛で困っている男性、髪が柔らかくなってきて立たないなど困っている男性の方に向いている成分です。

育毛剤以外にも、栄養補給という特徴がシャンプーにもできたのは最近のことです。 シャンプーが育毛を備えるという、育毛シャンプーという新しいタイプに進化している過程ともいえます。

下に全商品から「栄養補給」の列が、両方とも"○"か"◎"のシャンプーのみを抽出しています。

以下のリストの中で成分的に特に、栄養補給成分が多いのは、
   ・プレミアムブラックシャンプー
   ・アルガンK2
   ・モンゴ流シャンプーEX
   ・ディグニティ バイ スカルプD
   ・Hattoナチュラルシャンプー
の5つでしょう。

特にプレミアムブラックシャンプーは、栄養補給成分が多いばかりでなく、育毛に必要な効能を広範囲で抑えている育毛シャンプーです。 成分に何が含まれているかを個別の成分評価ページでまとめているので、いろいろと比較してみてください。


頭皮の栄養補給できる育毛シャンプーリスト(「栄養補給」列が"○"か"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評


プレミアムブラックシャンプー

ピュアブラック・アミノ酸系

なし


インディアン伝承シャンプー

アミノ酸系・粘土・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


凌駕ホワイトクレイシャンプー

粘土・植物系洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na



アルガンK2

アルガンオイル・アミノ酸系

なし


ラムダケア

海シルト・合成洗浄剤

なし


リモアシャンプー

植物系・合成洗浄剤

なし


ブログノ126シャンプー

アミノ酸系・合成洗浄剤

パレス-3硫酸Na



モンゴ流シャンプーEX

アミノ酸系・植物性・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


アランテブラック ナチュラルシャンプー

植物性洗浄剤・合成洗浄剤・ベタイン系

オレフィンスルホン酸Na



ディグニティ バイ スカルプD

アミノ酸系・植物系洗浄剤

没食子酸プロピル、エチドロン酸



Hattoナチュラルシャンプー

カリ石ケン素地・マンナン

なし



50種類の「男性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?


育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!