トップページ >  男性の薄毛対策を特集 >  喫煙(タバコ)が原因で薄毛になる?

喫煙(タバコ)が原因で薄毛になる?


「百害あって一利なし」と言われるタバコは、薄毛を招く原因にもなります。 タバコに含まれる「ニコチン」は、悪玉コレステロールを増やし、 血管を収縮させて血管を詰まりやすくする作用があります。 さらに喫煙時に吸い込んだわずかな一酸化炭素は血液中のヘモグロビンとくっついて 毛細血管の壁を傷付けてしまうのです。

このように毛細血管が喫煙によって繰り返し傷付けられると 毛細血管が硬くなり、血液を十分に運ぶことができなくなります。 当然、頭皮にも十分な血液が行き届かなくなり、毛母細胞や毛根の栄養が不足して やがては毛髪がやせ細り、抜け毛が増えて薄毛を招いてしまうというわけです。

また、最近になって喫煙がアンドロステンジオンやテストステロン、ヒドロテストステロンなどの 脱毛と関係が深い男性ホルモンを増加させるということも指摘されています。 ですから、タバコを吸う人は、必ずしも薄毛になるというわけではありませんが、 そのリスクが高いということを自覚しておきましょう。

さらに喫煙には肺がんや動脈硬化など、他の病気を招く恐れもありますので 健康のためにも本数を見直すことをおすすめします。








育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集