トップページ >  > アルキル硫酸エステル塩の効果

アルキル硫酸エステル塩の効果


石鹸以外の界面活性剤が世界で最初に作られたのは1834年のドイツです。 その後、さまざまな形で変化を続け、1928年にドイツのベール社によって 開発されたのが、アルキル硫酸エステル塩です。 天然の動植物油脂から作られた炭素数の多い高級アルコールに高濃度の硫酸を加えたもので、 それまでの界面活性剤に比べて高い洗浄力が魅力でした。

高級アルコールとは炭素が6個以上あるアルコールのことで、 アルキル硫酸エステル塩は、化学名では高級アルコール硫酸エステル塩または アルキルサルファ―トなどと呼ばれています。 「AS」と表現されることもあります。

洗剤としての性能が素晴らしいことから、アメリカのデュポン社と 現在のP&Gである当時のプロクター・アンド・ギャンブル社の 共同開発によって1932年に家庭用合成洗剤として誕生したのです。

現在ではヤシ油から製造されており、主に皮膚に直接接触するシャンプーや台所用洗剤、 薬用皮膚洗浄剤など使用されています。 また、練り歯磨き粉の発泡剤としても配合されています。 アルキル硫酸エステル塩は、石鹸に次いで生分解がよいため、 ほとんどが完全に分解されるので安全性が高いといえます。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集