トップページ >  > レシチンの効果

レシチンの効果


グリセロリン脂質の一種であり、自然界のすべての動植物の細胞中の存在します。 もちろん、人間の細胞にも存在しています。 生体膜の主要構成成分であり、レシチンとは、ギリシャ語では「卵黄」を意味します。

元々はリン脂質の一種である「ホスファチジルコリン」の別名として知られていましたが、 現在では脂質製品の総称となっています。 ただし、原料によって「卵黄レシチン」「大豆レシチン」などと呼ばれて区別されています。

レシチンは、油と水を混ぜ合わせて長時間分散させる乳化の働きや 皮膚や粘膜から物質を透過させる浸透作用などがあります。 その作用を利用して、静脈注射用脂肪乳剤や痔、皮膚病の治療薬に利用されています。 体内ではタンパク質と脂肪を結びつける働きを持ち、 レシチンが不足すると、疲労や免疫力低下、不眠、糖尿病などを丸く恐れがあります。

保湿効果が高いため、乾燥による肌荒れ予防や皮膚を柔らかくしてくれます。 さらにお肌への密着性が高く、有効成分を浸透させる力にも優れています。

界面活性剤としては、乳化作用がそれほど強くないため、 単独で使用されることはほとんどありません。 他の乳化剤や油剤などと組み合わせて使われることが多いようです。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集