トップページ >  > ポリエチレングリコールアルキルエーテルの効果

ポリエチレングリコールアルキルエーテルの効果


非イオン界面活性剤の一種であり、ポリエチレングリコールアルキルエーテルは その中でもエーテル型、またはエステル・エーテル型になります。 脂肪酸や多価アルコール脂肪酸エステルにエチレンオキシドを付加したもので、 分子中にエステル結合とエーテル結合の両方の特徴を持ち、 ほとんどの場合、乳化剤として使用されています。

非イオン界面活性剤は、産業用の界面活性剤の中では過半数を占めています。 以前は陰イオン界面活性剤に次ぐものでしたが、 今では洗剤やクリーニング、繊維工業などの業界で多く使用され、 その消費量は年々増えています。 非常に使いやすく、浸透性や乳化、分散性、洗浄性などに優れていることが 理由だと考えられます。

特に水と油などの本来溶けあわない液体を混ぜ合わせる乳化作用に優れているため、 産業用としては使い勝手がよいということです。 そのため、流出した油の処理剤にもよく使用されますが、 生分解性は悪く、完全分解するにはかなりの時間を要するのが欠点です。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集