トップページ >  > グリセリン脂肪酸エステルの効果

グリセリン脂肪酸エステルの効果


グリセリンの3つのヒドロキシ基のうちの1つまたは2つに脂肪酸が エステル結合したもので、食品添加物として主に使用されている界面活性剤です。 グリセリンと脂肪酸のエステル化反応によってつくられるもので、 脂肪酸の酒類によって白色から淡褐色の液体まで幅広く、 種類によって用途も違ってきます。

古い歴史を持ち、世界的にも広く使われており、 乳化剤市場では約半数を占めるほどの代表的な乳化剤です。

乳化だけではなく、分散、起泡、消泡、湿潤など機能は多岐にわたっているため、 マーガリン、コーヒークリーム、生クリームなどの乳脂肪の乳化を安定させたり、 チョコレートやガムの成分分散作用、アイスクリームなどの生地の起泡、豆腐の消泡などに使われています。 また、制菌作用があることから防腐剤として生ラーメンにも使われています。

グリセリン脂肪酸エステルは、油を吸収しにくくする作用もあるため、 ダイエット用のサプリメントにも配合されています。 最近は、発がん性が問題になったことで知られていますが、 製造工程や管理状態によっては、過酸化脂質となることもあり、 その場合は発がん性の危険もないわけではありません。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集