トップページ >  > ポリグリセリンの効果

ポリグリセリンの効果


複数のグリセリンが結合した構造を持ち、結合の数によって名前が変わってきます。 たとえば、グリセリンが2つ結合していればジグリセリン、3つならトリグリセリンと呼びます。 ただし、結合する数が同じでも結合の形状が直鎖状や環状、分岐状などと違いがあることから ポリグリセリンには非常に多くの種類があります。

グリセリンとは、パーム油や菜種油などを加水分解して得られるもので、 これを他の物質と合わせることで別の物質を作り出すことができます。 たとえば、水酸化ナトリウムと加水分解することで石鹸ができますし、 メタノールで加水分解するとバイオディーゼルになります。 毒性がほとんどなく、とろりとした粘性を持つことから、 医療分野では浣腸液や目薬などにも利用されています。

用途としては、乳化が最も一般的ですが、起泡剤、消泡剤、油脂の結晶調整剤、 でんぷん食材の改善剤、生地調整剤、コーティング剤、洗浄剤など 幅広く利用されています。

親水性部分にポリグリセリンを使用した界面活性剤は、 水分保持特性に優れています。 特に乳液などに配合することでお肌になじみやすい性質を持ち、 しっとりとした使い心地が魅力です。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集