トップページ >  > PEG-コミカド類の効果

PEG-コミカド類の効果


コミカドは、非イオン界面活性剤の一種であり、水に溶けてもイオン化しない性質を持っています。 天然のヤシ油脂肪酸とジエタノールアミンを縮合して得られる成分であり、 無色透明ではなく、わずかに淡黄色のような色で少しだけ独特の匂いがあります。

洗浄力は弱いのですが、他の洗浄剤に配合することで 洗浄性を高めるだけではなく、泡の安定性や増粘性、起泡性も高めてくれるという 相乗効果が期待できるのです。 さらに皮膚に対する刺激抑制作用もありますので、シャンプーや洗顔料に多く配合されています。

そして「PEG」は「ポリエチレングリコール」のことで、多価アルコールに分類される保湿剤。 水によく溶ける水溶性物質で、分子量の大きさによって数多くの種類があり、 PEGの後につけられる数字が小さいほどオイルに近く、大きいほど水に使いことを意味しています。
PEG-コミカド類はこれらの2つの成分を合成してつくられてものであり、 PEG自体にもお肌のうるおいを保つ作用があることから、 コミカドと合成されることでより高い保湿効果が期待できます。


PEG-○(ポリエチレングリコール)は、多価アルコールに分類される保湿剤です。 酸化エチレン(強い殺菌作用のある揮発性の液体で、ポリエチレングリコールの導入原料に用いられます)の重合体で、水に良く溶ける水溶性物質です。 分子量によって沢山の種類があります。皮膚のうるおいを保つ作用があります。

増粘性を出したり、製品の安定性、皮膜形成の調整、感触改良などに用いられます。 皮膚への刺激が無いので、石鹸・乳液・クリーム・シャンプー・リンス・頭髪用化粧品になどに配合されます。

※PEG-○の数字はモル数と言って、数字は数が小さいほどオイルに近く、数が大きいほど水に近いことを示します。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集