トップページ >  > ココイルメチルタウリンNaの効果

ココイルメチルタウリンNaの効果


ココイルメチルタウリンNaは、陰イオン界面活性剤の一種であり、 水に溶けた時、親水基の部分が陰イオンに電離する界面活性剤になります。

ココイルは、ヤシ油脂肪酸のことであり、タウリンは、牛の胆汁に多く含まれているアミノ酸と 非常に似ている物質のことです。 つまり、ヤシ油とタウリン誘導体で構成されている界面活性剤ということになります。 タウリンはアミノ酸に近い成分であることから、 場合によってはアミノ酸系洗浄剤に分類されることが多いようです。

一般的には石けんやシャンプー、ボディソープなどの洗浄剤に配合されることが多く、 とても泡立ちがよいことで知られています。 洗い上がりはさっぱりしているものの、しなやかにふんわりとした印象です。 成分は高価なものであることから、ココイルメチルタウリンNaが配合されている シャンプーや洗顔料は他のもに比べて価格が高くなる傾向があります。

色は白か少し黄色かがった感じで、人によっては少し独特の匂いを感じるかもしれませんが シャンプーや石けんなどに配合してしまえば、全く気になりません。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集