トップページ >  > 石ケン素地の効果と問題点

石ケン素地の効果と問題点


石ケン素地とは、天然の油脂でできている界面活性剤であり、 高級脂肪酸ナトリウムが主成分となっています。 つまり、石けんの原料なので、石けんの成分表には必ず表記されているはずです。

石けんは、この石ケン素地に色素や香料などの添加物を配合して 練り合わせたものを成形して作られています。 石ケン素地の作り方には大きく分けると2つの方法があります。

1つは「鹸化法」で、油脂に苛性ソーダを加えて炊き込むというものです。 もう1つは「中和法」で、油を脂肪酸とグリセリンに分けてから 脂肪酸と苛性ソーダを反応させるというものです。

石ケン素地が100%のものであれば、純石けんとなるのですが、 実は石ケン素地自体にもさまざまな成分があるので、必ずしも安全というわけではないのです。 石ケン素地の原料は、動物性油脂(牛脂など)、植物性油脂(オリーブオイル、パームオイルなど)、 水、食塩、苛性ソーダとなっています。

これらの成分を配合して作ったものが純石けんであり、 苛性ソーダは少量であれば問題ないのですが、多量になると危険物や劇物指定となることもあるのです。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集