トップページ >  > シャンプーの成分「〇〇べタイン」って何?効果は?

シャンプーの成分「〇〇べタイン」って何?効果は?

べダイン系洗浄成分って何?

べダイン系洗浄剤は、両性界面活性剤と呼ばれるもので、現在、いろいろな洗浄成分の中で 最も多く使用されているといわれています。 もちろん、シャンプーでもよく利用されており、主に汚れを浮かせる洗浄剤と 髪を補修したり保護する機能を持っています。

大変泡立ちがよいことから、ほとんどの市販のシャンプーに配合されています。 ベビーシャンプーなどには、主要な洗浄成分として配合されているほど、 刺激が少ないのが特徴です。

陰イオン界面活性剤と陽イオン界面活性剤の両方の性質を示すことから 非常に使い勝手がよい便利な成分だといえるでしょう。 成分表には「○○ベタイン」のように表記されており、 必ず「ベタイン」とついているので見分けやすい成分ともいえます。 ベタイン系洗浄剤は糖類などから作られているため、 比較的洗浄力は弱いことから、他の界面活性剤と一緒に補助的な役割として 配合されることが多いようです。

けれども、成分表にベタイン系洗浄剤を見つけてもそれで安心してはいけません。 おそらくそれ以外により洗浄力の強い界面活性剤が配合されているはずですので よく注意深く確認することをおすすめします。

べタインの効果

砂糖大根から分離精製される天然の物質であり、 正式名称は「トリメチルグリシン」です。 動植物界に広く存在しており、植物から抽出されるものはアミノ酸系の保湿成分として知られています。 無色無臭の液体で、グリシンのトリメチル化誘導体のことです。 主にうまみに関係が深く、えびやタコなどの魚介類や 麦芽やキノコなどに多く含まれています。

グリシンと構造が類似しており、陽陰、両方のイオンを持つ、天然の両性界面活性剤です。 保湿、保潤剤、保水材としての効果があり、非常に安全性が高く、環境にも優しいのが特徴です。 特に吸保湿性が高いので、皮膚や髪に柔軟性や弾力を与え、特に髪には吸着しやすい性質があります。 そのため、トリメチルグリシンヘアケア製品に配合されることが多く、洗髪後のギシギシ感を防いだり、 帯電防止効果も発揮しています。 さらにしなやかさや滑らかさを保つ効果がありますのでトリートメントにも使用されています。 また、食品では、調味料などに使われることもあります。

白色微結晶性粉末でべたつきがなく、サラサラしており、 溶けやすいため、非常に使いやすい粉末です。 吸湿性が高いため、湿度が高いところはもちろん、空気中に置いておくだけで 液体になってしまうこともあるのです。 特に相性が悪い成分はないので、さまざまな成分と混ぜ合わせることで効果を発揮します。

コミカドプロピルベタインの効果

コミカドプロピルベタインは、一般名をヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタインとする 両性界面活性剤のことです。 シャンプー剤に使われることが多く、洗浄力は高めではあるものの、 ヤシ油由来であることから刺激性がほとんどなく、 両性界面活性剤の中では比較的低刺激のものと認識されています。

また、泡立ちが非常によいのですが、刺激を緩和する効果や状態を整えてくれる作用も持ち合わせています。 刺激が少ないため、洗い上がりはしっとり感が残り、 特に傷んだ髪や乾燥しやすい髪の人にはおすすめです。

実は、刺激が少ないことからベビーシャンプーにも使われるほど、お肌に優しい洗浄剤だといえるでしょう。 界面活性剤はシャンプーを泡立てたり、頭皮や髪を洗浄するためには欠かせない成分ですが、 中には洗浄力が強いぶん、刺激も強いものも多くあります。

それらの比べると、コミカドプロピルベタインは洗浄力はそれほど低くないので しっかりとした洗い心地も実感できて刺激も少ないという安全性の高い成分なのです。

頭皮が乾燥していたり、髪がダメージを受けている場合には 界面活性剤の成分もしっかりと確認することをおすすめします。


【女性用】50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?

【男性用】50種類の「男性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!