トップページ >  > ステアリン酸Kの効果

ステアリン酸Kの効果


ステアリン酸Kは、陰イオン界面活性剤の1つで代表的なものになります。 陰イオン界面活性剤は、水に溶けたとき、親水基が陰イオンに電離するという性質を持っており、 石けんに多く配合されていることから「カリ石けん」とよばれています。

カリ石けんは、高級脂肪酸であるステアリン酸のカリウム塩のことです。 形状はもともと白い固体なのですが、ナトリウム塩と比べると水に溶けやすいという性質があることから 水を加えることで水溶液になるため、石けんシャンプーやボディソープなどに使用されることが多いようです。

乳化剤として洗顔料に配合されたり、高い起泡力があることから シャンプーなどの泡立ちをよくしたり、泡自体を硬めにする作用があります。 カリ石けんは脂肪酸イオンが多いので、お肌に吸着する遊離脂肪酸が多いことになるため、 保湿力が高いという特性があります。

そして、この脂肪酸がお肌への刺激をマイルドにしてくれるので、 特にベビーソープやアトピー性皮膚炎、乾燥肌、敏感肌の人にはおすすめです。 また、カリ石けんはすすぎが楽というメリットもあるのですすぎ時間が短縮されます。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集