トップページ >  > ラウリルベタインの効果

ラウリルベタインの効果


ラウリルベタインはベタイン系、つまり両性界面活性剤の一種であり、 酸性領域では陰イオン界面活性剤、酸性領域では陽イオン界面活性剤の性質を示します。

ラウリルベタインは、植物油などの天然成分を原料とした洗浄剤であることから 非常に刺激が弱く、お肌に優しいだけではなく、コンディショニング効果も期待できる 界面活性剤なのです。

帯電防止剤、洗浄剤、皮膚コンディショニング剤、起泡剤、 シャンプー基材などに使用され、保湿や柔軟効果も高いことから、 洗い上がりがしなやかでごわつかないという特性をもっています。 これらの効果を活かして、シャンプーやコンディショナーなどに 配合されることが多いようです。

ただし、洗浄力が弱いため、この成分だけの単独で使われるより 補助的な役割として配合されることのほうが多いのです。 特に陰イオン界面活性剤との相性がよいので、より洗浄力を強くして 起泡力や保湿効果も必要なときに一緒に配合されています。

ラウリルベタインは、水に溶けやすく、幅広いPHでの安定性も高いにもかかわらず 低刺激であることから、大変よく利用されている両性界面活性剤の 代表的な成分だといえるでしょう。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集