トップページ >  > ヤシ油脂肪酸の効果

ヤシ油脂肪酸の効果


ヤシ油脂肪酸は、名前の通り、ヤシ油を加水分解して作られる高級脂肪酸の一種です。 ヤシ油とは、ココヤシの種子、いわゆるココナッツから採取される油脂のことであるため、 ココナッツオイルとも呼ばれています。

洗浄剤や油剤、石けんの基剤に使用されるほか、 シャンプーや石けん、洗顔料などに洗浄剤として配合されたり、 乳化剤の働きを活かしてクリームやローションなどにも幅広く利用されています。

構成している脂肪酸としては、ラウリン酸が最も多く、 ミスチリン酸、パルミチン酸、カプリン酸などが続きます。 ラウリン酸は、冷水にもよく溶けるので石けんなどに配合すると 泡立ちをよくしてくれます。


ヤシ油脂肪酸は、天然成分であることから油脂自体はオーガニックだといえますが、 その油脂を化学合成してしまえば、それは合成化合物となってしまいます。 ですから、成分表をチェックしたときにヤシ油脂肪酸という名前を見つけただけで 安全だと決めつけてはいけないのです。

他の成分の中により洗浄力のある界面活性剤が配合されていれば、 特に敏感肌やアトピーの人は注意が必要だといえますね。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集