トップページ >  > 安価な市販のシャンプーはラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naが多いって本当?

安価な市販のシャンプーはラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naが多いって本当?


現在市販されているシャンプーの8割以上に配合されている界面活性剤ですが、 中には人体に悪影響を及ぼす危険な種類もあります。

界面活性剤の中で一番刺激および毒性が強いといわれているのが「ラウリル硫酸Na」であり、 洗浄力、脱脂力が強力すぎて必要な皮脂を取り去り、頭皮を乾燥させたり、毛穴を傷つけたりするといわれています。

けれども、洗浄力重視のシャンプーの場合、ラウリル硫酸Naを配合していることも多く、 特に市販のシャンプーの中でも安価なものに含まれている率が高いようです。 もし、シャンプーしたのにフケが出るという場合には一度成分表を確認してみるとよいでしょう。

もしかしたら、成分表のトップにこの成分が記載されているかもしれません。 また、ラウレス硫酸Naはラウリル硫酸Naに比べると危険度は低くなるものの かなりの脱脂力を持っているので頭皮の乾燥は避けられません。

やはりラウレス硫酸Naも市販の安価なシャンプーに配合されることが多いのですが、 こちらはメインの界面活性剤としてではなく、補助的な役割として配合されているようです。

洗浄力を高める働きとして配合されている場合は、安価なシャンプーだけではなく、 高級なシャンプーやサロン専用のシャンプーにも配合されることもあります。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集