トップページ >  > 石鹸シャンプーとアミノ酸シャンプーのメリット・デメリットの違いは?

石鹸シャンプーとアミノ酸シャンプーのメリット・デメリットの違いは?

石鹸系シャンプーのメリット・デメリット

石鹸シャンプーはシリコン剤が入っていないシャンプーの代表的なものとして人気がありますね。 石鹸は動植物の油脂や脂肪酸を苛性ソーダで反応させたアルカリ性の界面活性剤であり、 生分解性がよく、環境に優しい成分として古くから使われてきました。

石鹸シャンプーは高い洗浄力が特徴で、すっきりとした洗い上がりから心地よい爽快感があります。 また、原料が天然素材で無添加であることから髪や頭皮にも安心して使えるところがメリットです。 けれどもその反面、石鹸は洗浄力が非常に高いため、必要な皮脂まで取りすぎてしまう傾向があります。

シリコン剤が入っていないことから、洗い上がりの手触りがゴワゴワときしみやすく、 普段、シリコン入りのシャンプーを使っている人にはかなり使い心地が悪いので慣れるまで時間がかかってしまいます。

また、アルカリ性であることからカラーやパーマとの相性が悪く、 髪の表面のキューティクルが開きやすくなってしまうため、退色が早かったり、パーマがとれやすいというデメリットもあります。

さらに安全性は高いものの、敏感肌やアトピーの人には刺激があり、 フケやかゆみを起こす場合もあるようです。

石鹸シャンプーと静電気

石鹸シャンプーは、普通のシャンプーのように頭皮や髪に必要な皮脂まで取り去ることなく しっかり残しながら汚れだけを除去してくれることから人気があります。

また、天然成分からできているものも多く、頭皮に優しいところもメリットですね。 ただし、普通のシャンプーに慣れている人は最初は石鹸シャンプーの泡立ちに 違和感を感じるかもしれません。

さらに触り心地が滑らかになるシリコン剤が入っていないため、 指通りが悪かったり、シャンプー後にごわついたりもきしんだりすることもあるようです。

そして、静電気。 必要な皮脂は残っているものの、油分が少ないため乾燥しやすく、 髪同士がこすれて静電気が発生してしまうのです。

静電気は髪が乾燥している証拠ですので、あまりよい状態とはいえません。 石鹸シャンプーで静電気が気になる場合には天然の植物系オイルや シリコン剤の入っていないヘアケア製品をつけることでかなり改善されるはずです。

最初の使い心地だけでやめてしまってはもったいないので 自分なりに工夫しながら1か月ほど使えば、だんだんと使用感にも慣れてきますし、 頭皮や髪が健康な状態になりますよ。

石鹸シャンプーとアミノ酸シャンプーの違い

石鹸シャンプーもアミノ酸シャンプーも髪や頭皮に優しいというイメージがありますが 両者にはどのような違いがあるのでしょうか。 最も決定的な違いは使われている界面活性剤です。

界面活性剤とは泡立ちをよくしたり油と水を混ぜ合わせる乳化の役割があったりと、 シャンプーには欠かせない成分のことです。 アミノ酸シャンプーの場合は、科学的に作られた合成界面活性剤または天然由来の界面活性剤を使用しているのですが それがアミノ酸系だということです。

一方、石鹸シャンプーは石鹸自体が天然の界面活性剤ということになります。 成分表を見てもわかりにくいと思いますが「純せっけん分」と表記されているのが界面活性剤のことです。 また、洗い上がりにも大きな違いがあるようです。

石鹸シャンプーは高い洗浄力はあるものの、皮脂を取りすぎる傾向があり、洗い上がりの髪がきしむことが多く、 手触りとしてはあまりよくありません。

それに比べてアミノ酸系シャンプーは洗浄力は弱いのですが、アミノ酸の保湿成分が 髪をサラサラとしてくれるので石鹸シャンプーよりは洗い心地がよく人気があります。


【女性用】50種類の「女性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?

【男性用】50種類の「男性用育毛シャンプー」の全成分を鑑定。本当にいい育毛シャンプーは?
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!