トップページ >  > この20年のシャンプーのトレンドと歴史

この20年のシャンプーのトレンドと歴史


古くから、シャンプーは石けんを使って行われてきました。

50年くらい前までは、毎日するものではなく、3日に1回くらいというのが普通でした。

主にフケやかゆみを防ぐために使われるものでしたが、 1990年代ごろから、毎日シャンプーすることが一般的になり、 それと同時にシャンプーが多様化したといわれています。

シャンプーの容器もポンプ型が主流となり、より使い勝手がよくなっていきました。 カラーリングをする女性が急増し、髪の傷みを気にする人が増えたことから、 アミノ酸系やダメージヘアをいたわるようなシャンプーが多く出回るようになり、 滑らかで触り心地のよい使用感が好まれました。

2000年代に入ると、同じシャンプーでも、ダメージヘア用やカラーリングヘア用などの それぞれの髪の状態に合わせて選べるものが当たり前になってきました。 2000年代後半には、カラーやアイロンでの巻き髪がトレンドとなり、 アウトバストリートメントが人気となりました。

2010年代に入ると、健康な髪は健康な地肌から生まれることが広く認識されるようになり、 スカルプケアに特化したシャンプーが増えました。 そして、現在は人にも環境にも優しいシャンプーへの関心がますます高まり、 髪本来の美しさを求めて、特にノンシリコンシャンプーが人気を博しています。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集