トップページ >  > これだけは覚える!頭皮に良くない合成界面活性剤の成分は2つだけ

これだけは覚える!頭皮に良くない合成界面活性剤の成分は2つだけ

合成界面活性剤ってどんなのがあるの?

界面活性剤の中でも化学的に作られた界面活性剤のことを合成界面活性剤といい、 非常に種類が多く、成分表などを見ても原材料名で記載されているため、消費者にはなかなかわかりづらいようですね。

界面活性剤は、大きく「陰イオン界面活性剤」「陽イオン界面活性剤」 「両性界面活性剤」「非イオン界面活性剤」に分けられます。 さらに親水基や疎水基の種類や原料によって細かく分類されています。

種類は数千種以上もあり、鉱物油や石油から作られるものと アミノ酸、タンパク質、コラーゲンなどの天然成分から作られるものがあります。 天然成分を謳っているシャンプーでも天然由来の合成界面活性剤を配合しており、 むしろ、配合されていない商品を探すほうが難しいといえるでしょう。

合成界面活性剤は、その原料によって安全性のレベルが大きく異なります。 たとえば、よく知られているのは「ラウリル硫酸Na」「スルホン酸」などで 体への悪影響が懸念されるため、これらはできるだけ避けたい成分です。

反対にアミノ酸系やタンパク質などから作られているものは 全く安全とは言えませんが、比較的、害が少ないので安心です。

ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naは頭皮によくない

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは界面活性剤の一種であり、 刺激と毒性が強いことからシャンプーを選ぶときにはまずチェックすべき成分だといわれています。

どちらも硫酸系の界面活性剤で、洗浄力、脱脂力がかなり強力で髪や地肌への刺激が強いのが特徴です。 両者を比べるとラウリル硫酸Naのほうが圧倒的に危険であり、 刺激、毒性ともに硫酸系界面活性剤の中で一番です。

ラウレス硫酸Naよりも分子量が小さいことから頭皮に浸透しやすく、 使えば使うほど地肌に蓄積されてしまい、頭皮が乾燥したり毛穴を傷めてしまうこともあるほどです。 一方のラウレス硫酸Naはラウリル硫酸Naより分子量が大きいため、頭皮に浸透しにくいので メインではなく、洗浄力を高める補助的な役割として配合されていることが多いようです。

実際に市販のシャンプーの8割以上は、ラウレス硫酸Naを配合しているのです。 ただし、脱脂力はかなり強いのでダメージ髪の人や敏感肌の人は避けたほうがよいでしょう。 いずれにしても、これらの成分が成分表のトップに記載されているシャンプーは 選ばないほうが無難ですね。

安価な市販のシャンプーはラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naが多いって本当?

現在市販されているシャンプーの8割以上に配合されている界面活性剤ですが、 中には人体に悪影響を及ぼす危険な種類もあります。

界面活性剤の中で一番刺激および毒性が強いといわれているのが「ラウリル硫酸Na」であり、 洗浄力、脱脂力が強力すぎて必要な皮脂を取り去り、頭皮を乾燥させたり、毛穴を傷つけたりするといわれています。

けれども、洗浄力重視のシャンプーの場合、ラウリル硫酸Naを配合していることも多く、 特に市販のシャンプーの中でも安価なものに含まれている率が高いようです。 もし、シャンプーしたのにフケが出るという場合には一度成分表を確認してみるとよいでしょう。

もしかしたら、成分表のトップにこの成分が記載されているかもしれません。 また、ラウレス硫酸Naはラウリル硫酸Naに比べると危険度は低くなるものの かなりの脱脂力を持っているので頭皮の乾燥は避けられません。

やはりラウレス硫酸Naも市販の安価なシャンプーに配合されることが多いのですが、 こちらはメインの界面活性剤としてではなく、補助的な役割として配合されているようです。

洗浄力を高める働きとして配合されている場合は、安価なシャンプーだけではなく、 高級なシャンプーやサロン専用のシャンプーにも配合されることもあります。

この20年のシャンプーのトレンドと歴史

古くから、シャンプーは石けんを使って行われてきました。

50年くらい前までは、毎日するものではなく、1週間~3日に1回くらいというのが普通でした。

主にフケやかゆみを防ぐために使われるものでしたが、 1980年代ごろから、メーカーの推奨活動により、毎日シャンプーすることが一般的になり、 それと同時にシャンプーが多様化したといわれています。 しかし、1980年代初期は、大量生産するため、洗浄成分に安価で刺激性の強いラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naを使ったシャンプーが主流でした。

1990年代に入ると、シャンプーの容器もポンプ型が主流となり、より使い勝手がよくなっていきました。 カラーリングをする女性が急増し、髪の傷みを気にする人が増えたことから、 アミノ酸系やダメージヘアをいたわるような界面活性剤を使うシャンプーが多く出回るようになり、また 滑らかで触り心地のよい使用感が好まれまるようになりました。

2000年代に入ると、同じシャンプーでも、ダメージヘア用やカラーリングヘア用などの それぞれの髪の状態に合わせて選べるものが当たり前になってきました。 2000年代後半には、カラーやアイロンでの巻き髪がトレンドとなり、 アウトバストリートメントが人気となりました。

2010年代に入ると、健康な髪は健康な地肌から生まれることが広く認識されるようになり、 スカルプケアに特化したシャンプーが増えました。 そして、現在は人にも環境にも優しいシャンプーへの関心がますます高まり、 髪本来の美しさを求めて、特にノンシリコンシャンプーが人気を博しています。

男性用シャンプー人気ランキング

男性用のシャンプーは、年々トレンドが変わっているとされています。去年まで利用されていたものと、今年利用されているものは結構変わっています。

また、新しい商品がどんどん販売されていることによって、多くの商品から選べるようになっているところも大きなことです。

安心して選ぶためにも、近年のシャンプーはどういったものが人気になっているのか知ることも大切です。

以下に、最新の男性用シャンプー人気ランキング をまとめました。

女性用の最新シャンプー人気ランキングはこちらです。
【女性用】60種類の女性用アミノ酸シャンプーの全成分を鑑定。界面活性剤の良いシャンプーは?

男性用シャンプーの人気商品とは

シリコンが配合されていないもの

男性用として販売されているものは、やはりシリコンが多く配合されているものもあり、これによって頭皮を傷めてしまう可能性があります。

育毛のことを考えているなら、シリコンが配合されていないものを活用した方がいいですし、そのほうが頭皮の状態を改善できることも多くなっています。

近年はノンシリコンのシャンプーも多く販売されているので、男性用でもシリコンを気にすることはありません。

手軽に購入できるもの

特定のサイトでしか購入できないようなシャンプーでは、手軽に購入することはできなくなっています。

店頭でも購入できるようなもの、通販なら幅広いところで購入できることが大きなポイントです。

色々なサイトで利用されているポイントを採用して、安く購入できるような状況を作っているのであれば、それだけでも非常に安心して購入できます。

量が多く入っているもの

シャンプーの量が少なくなっていると、購入してもすぐに購入しなければならない問題が生まれます。これを男性は嫌がる傾向にあり、量が比較的多く配合されているものを購入することが多いです。

また、詰め替え用などによって、新しくパッケージとして購入しなくてもいいものについても、非常に良いものと判断されています。

沢山入っているものは、シャンプーを1つ購入しておくと、次に購入するタイミングを遅らせることが出来ます。

男性用シャンプー(メンズ)人気ランキング ~2016年完全版

第1位:リマーユスカルプシャンプー

販売されているのは通販だけになっていますが、最近は店頭でも取り扱いが行われるようになり、見かけることが増えています。

スカルプDよりも高額な値段で販売されているものの、頭皮のことを考え抜かれて作られており、馬油の栄養分で頭皮を健康な状態に保ってくれることが特徴となっています。

効果が期待できるシャンプーとして有名で、時々通販サイト限定で格安販売が行われていることもあります。

第2位:ウル・オス

店頭でも結構販売されているタイプで、最近価格が若干下がりました。

量は比較的多く配合されていること、これ1つでコンディショナーを利用しなくても、髪の状態を悪くしないところがメリットとなっています。

価格も手頃で、ノンシリコンのシャンプーでは比較的安い金額で販売されているので、手に入れることは簡単にできます。

第3位:スカルプD

新しいモデルが販売されて、より男性の頭皮に優しいものとなりました。

ただ、価格はウル・オスの倍くらい必要となっているので、より効果を求めている男性に利用されているシャンプーとなっています。

ストロングオイリーのように、皮脂を大量に出してしまっている男性向けのスカルプDも販売されているので、症状に応じて変更できる所が良いとされています。

第4位:リガオス

スカルプDに対抗して販売されたシャンプーで、若干スカルプDよりも安く販売されています。

ただ、効果が変更されているとか、モデルチェンジをしているなどの情報はあまり聞かれていないために、効果については販売当時からさほど変わっていません

トライアルキットが今でも販売されているところがあり、通販で試しに購入しやすくなっているところがメリットです。

終わりに

男性用のシャンプーは、徐々に変化しているものも多くなっています。

手軽に手に入る市販品のほうが、継続して利用することができる点もありますので、市販されているものに目を向けてみると良いです。

高い効果を持っているものも増えており、時々割引やクーポンも活用できるので、上手く使って安くシャンプーを購入すると良いです。

育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!