トップページ >  > ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naは頭皮によくない?

ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naは頭皮によくない?


ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは界面活性剤の一種であり、 刺激と毒性が強いことからシャンプーを選ぶときにはまずチェックすべき成分だといわれています。

どちらも硫酸系の界面活性剤で、洗浄力、脱脂力がかなり強力で髪や地肌への刺激が強いのが特徴です。 両者を比べるとラウリル硫酸Naのほうが圧倒的に危険であり、 刺激、毒性ともに硫酸系界面活性剤の中で一番です。

ラウレス硫酸Naよりも分子量が小さいことから頭皮に浸透しやすく、 使えば使うほど地肌に蓄積されてしまい、頭皮が乾燥したり毛穴を傷めてしまうこともあるほどです。 一方のラウレス硫酸Naはラウリル硫酸Naより分子量が大きいため、頭皮に浸透しにくいので メインではなく、洗浄力を高める補助的な役割として配合されていることが多いようです。

実際に市販のシャンプーの8割以上は、ラウレス硫酸Naを配合しているのです。 ただし、脱脂力はかなり強いのでダメージ髪の人や敏感肌の人は避けたほうがよいでしょう。 いずれにしても、これらの成分が成分表のトップに記載されているシャンプーは 選ばないほうが無難ですね。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集