トップページ >  > 石油系界面活性剤の効果と問題点

石油系界面活性剤の効果と問題点


ひと口に界面活性剤といってもいくつかの種類があり、 その中でも石油を原料として製造されたものを「石油系界面活性剤」といいます。 石油系と聞くとなんとなく身体に悪そうなイメージですが、 毛嫌いせず正しい知識を持つことが大切です。

石油系界面活性剤が身体に有害といわれているのは、 頭皮から体内に入り込みやすいうえに一度入ると体外に排出されず、 そのまま残留し、蓄積されるからです。 体内に残留し蓄積した石油系界面活性剤に含まれる有害物質は、 皮下組織や乳房、子宮などに溜まりやすいことから 特に女性にとっては乳がんや子宮がん、子宮筋腫などの原因になることもあるのです。

けれども、有害といわれながらも、現在では一般に市販されているシャンプーに多く使用されており、 特に低価格のシャンプー剤のほとんどは石油系界面活性剤が使用されているのが現状です。 成分表の表示では、ラウリル硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸アンモニウム・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩・ トリエタノールアミン・スルホン酸Na・キシレンスルホン酸アンモニウム・パレスー3硫酸Na・パレスー3硫酸アンモニウムなどと 記載されています。 中でもラウリル系、ラウレス系、トリエタノールアミンなどは、長期使用することで 発がん性の報告もあるので特に注意が必要です。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集