トップページ >  > フッ素系界面活性剤の特徴(特性)

フッ素系界面活性剤の特徴(特性)


界面活性剤の一種であるフッ素系界面活性剤は水性膜泡消火薬剤などに含まれている物質で アルキル鎖中の水素原子をフッ素原子に置き換えたものです。 液体の表面張力を下げることで流動性を高める特性を持っています。 疎水基の分子間力が弱いので、フッ素を含んでいない界面活性剤よりも表面張力が低いのです。

フッ素系界面活性剤は、起泡力が高いことから、水性膜泡消火薬剤に使われることが多いのですが、 インキや塗料などにも添加されています。 加えることで表面張力が低くなるので、濡れ性の向上やピンホールの低減に効果的です。 濡れ性とは、親水性のことで撥水性の逆になります。 水滴がいかに素材表面となじみやすいかということであり、 表面張力を低下させることによってより向上します。

主なものでは、ペルフルオロアルキルスルホン酸やペルフルオロアルキルカルボン酸、 フッ素テロマーアルコールなどがあり、水に溶かした時にイオンに解離するものと しないものに分けられます。

フッ素系界面活性剤はごく少量でも優れた効果を発揮することで知られており、 工業用コーティング剤や接着剤などにも幅広く用いられています。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集