トップページ >  > 石鹸系界面活性剤はどんなものがある?

石鹸系界面活性剤はどんなものがある?


界面活性剤は大きく石油系と天然系に分けられ、石鹸系界面活性剤は天然系に分類されます。 石油系ほどの強い洗浄力はないものの、ある程度の洗浄力があり、洗い上がりはさっぱりすると同時に 少しキシキシするのが特徴です。 ですから、シャンプー後はリンスやコンディショナーなどを使わなければ 髪のパサつきが気になる人もいるようです。

天然の油脂に苛性ソーダを反応させたり、油脂から脂肪酸を取りだし、苛性ソーダで中和して作る方法があり、 わかりやすくいうと脂肪酸カリウムのことで、天然成分で作られているため、 人体に悪影響がなく、安全性の面では高いといえます。

石鹸系界面活性剤でよく知られているものは「ラウリン酸Na」で 主にヤシ油から作られているものです。 原料の違いによって、ステアリン酸Na、オレイン酸Naなどの種類もあり、 硬さや溶解性などに違いがあることから、用途によって使い分けられています。 また、アルカリ性のものだけではなく、酸性や弱酸性のものもありますし、 逆性石けんという殺菌作用が強い消毒用の手洗いに使われる界面活性剤もあります。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集