トップページ >  > 生物が作る界面活性剤

生物が作る界面活性剤


近年の研究で注目を集めている界面活性剤が「バイオサーファクタント」。 サーファクタントとは英語で界面活性剤のことを意味し、 微生物が疎水性の高い物質を取り込み、炭化水素を乳化するときに作り出すものです。

一般的に、人工的な合成界面活性剤よりも人体への悪影響は少ないといわれており、 たとえ体内に残っても安全性が高く、最終的には自然分解されるところが大きな特徴です。 また、コストが比較的安価であることもメリットであり、すでに食器用洗剤や 保湿剤などの分野では実用化されています。

バイオサーファクタントは、従来の界面活性剤の機能に加えて 生物薬理作用や殺菌作用、保湿作用などの機能も持っていることから 新種の界面活性剤としてさまざまな分野から注目されています。

特に資源回収への応用としての期待が高く、 油田の岩層に浸透している原油にバイオサーファクタントを注入し、 原油を流れやすくして、原油を地表に押し出すための研究がすすめられています。 生物によって分解されることから、自然界に害を与える心配もないので、 今後、広く活用されていくと考えられます。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集