トップページ >  > サラサラな化粧品を支える界面活性剤

サラサラな化粧品を支える界面活性剤


水と油を混ぜてもなかなか混ざりません。 もちろん、機械などを使って強力にかき混ぜれば、その時は一時的に混ざりますが、 止めれば、また油と水は元に戻ってしまいます。 では化粧品も主な成分が水と油なのにどうして滑らかに混ざり合っているのでしょう。 実は、化粧品の滑らかさを作っているのが界面活性剤なのです。

界面活性剤によって、それぞれの界面張力が弱められることで 性質の全く異なる水と油が混ざり合うことができるのです。 界面活性剤は分子の中に水と馴染みやすい親水性の部分と、 油と馴染みやすい親油性の部分の両方の性質をもっているため、 本来なら混ざり合うことのない水と油をしっかりと滑らかに混ぜ合わせることができるというわけです。

ですから、化粧品のほとんどに使われており、 サラサラとした滑らかさを保つためには欠かせない成分だといえるでしょう。 けれども、その一方で種類によってはお肌のバリア機能を弱めるものや たんぱく質を変質させる危険な界面活性剤もあり、その危険性が警鐘されています。 特に石油系界面活性剤は、河川や土壌などの環境汚染の一因ともいわれているので、 化粧品を選ぶときには、使用されている界面活性剤の種類にも十分注意が必要です。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集