トップページ >  > プラスチックへの界面活性剤の働き

プラスチックへの界面活性剤の働き


私たちの周りにふあれているプラスチック製品にも界面活性剤が使われていることをご存知でしょうか。 洗剤や食品における「洗浄剤」や「乳化剤」としての働きを考えると、 プラスチックにどのような作用をもたらすのか不思議に思う人も多いと思いますが 実はとても大切な役割を持っているのです。

プラスチック製品には、静電気を帯びやすいという特性があることから ほこりや汚れがつきやすく、工場などにおいては、静電気といえども 小さな火花が大きな火災を招くことだってあるのです。 そして、このプラスチックの静電気を防ぐのが界面活性剤なのです。

界面活性剤には物質の滑りをよくするという働きがあるので、 摩擦を抑えて静電気の発生を防ぐことができます。 また、プラスチックの表面に水を吸収しやすい膜をつくることで静電気を逃すという作用から プラスチックの中に練りこんだり、表面に塗りつけて利用することもあります。

ただし、空気中の湿度への依存性が高いことや、界面活性剤自体が水洗いや拭き取りなどによって 簡単に除去されてしまうため、効果が長続きしにくいという欠点もあるようです。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集