トップページ >  > カチオン界面活性剤はリンスや消毒に使われる

カチオン界面活性剤はリンスや消毒に使われる


界面活性剤は洗浄剤としてのイメージが強いのでシャンプーを連想しますが 実はリンスやコンディショニングの構成成分でもあるのです。 これらに使用されているのは、親水基にプラスイオンを持ったカチオン界面活性剤であり、 シャンプー剤に使われている親水基にマイナスイオンを持つアニオン界面活性剤とは 性質が正反対のものになります。

リンスはこの正反対の性質を利用しています。 シャンプー後にアニオン界面活性剤の影響でマイナスイオンを帯電した髪に カチオン界面活性剤のプラスイオンがすばやく吸着し、髪の表面に油性の膜を作るのです。 この膜が手触りをなめらかにしたり、ダメージを防いだり、 静電気防止などの効果を発揮してくれます。

また、カチオン界面活性剤は、水に溶けた時、石鹸と逆の性質を持つことから 逆性石けんとよばれ、殺菌性をもつことから消毒剤としても使用されています。 細菌の表面はマイナスに帯電するタンパク質などが主成分であることから プラスイオンを帯電したカチオン界面活性剤が近づくと引き合って、 細菌の表面がプラスイオンに覆われます。

その際、細菌の体表面に変質を招くため、破壊されることで 殺菌できるというわけです。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集