トップページ >  > イオン性界面活性剤とは

イオン性界面活性剤とは


界面活性剤には水に溶けたときに電離してイオン化するものとしないものがあり、 イオン化するものを「イオン性界面活性剤」と呼んでいます。

界面活性剤は炭化水素鎖などの疎水基と親水基をあわせ持つ分子のことで、 水に溶けた時のイオン性によって、「陰イオン界面活性剤」と「陽イオン界面活性剤」に分けられます。

「陰イオン界面活性剤」は水に溶けたとき、親水基の部分が陰イオンに電離する性質を持ち、 かなり古くから使用されており、石鹸も陰イオン界面活性剤に含まれます。 界面活性剤の中では最も古い歴史を持っており、現在では合成洗剤に使われることが多いようです。

一方、「陽イオン界面活性剤」は水に溶けたとき、親水基の部分が陽イオンに電離する性質を持ち、 石鹸と逆のイオンなので「逆性石けん」とも言われます。 こちらは、柔軟性や帯電防止性があることから、洗浄剤としてよりも 柔軟剤やリンスなどに使用されることが多いということです。

さらに陰も陽も両方の性質を持つ「両性界面活性剤」があり、 アルカリ性領域では陰イオン界面活性剤の性質を、酸性領域では陽イオン界面活性剤の性質を示します。 洗浄性や起泡性を高めるための補助的な役割として利用されています。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集