トップページ >  > 陽イオン(カチオン)界面活性剤とは

陽イオン(カチオン)界面活性剤とは


陽イオン界面活性剤は、水に溶けたとき、親水基がプラスイオンに電離するものです。 「カチオン界面活性剤」とも呼ばれていますが、石けんなどの陰イオン界面活性剤とは 逆の構造をもっていることから「逆性石けん」と呼ばれることもあるようです。

マイナスイオンの物質に吸着して、柔軟性や静電気防止、さらに殺菌性なども発揮します。 そのため、柔軟仕上げ剤やリンス、消毒剤などに多く利用されています。 つまり、シャンプーには陰イオン界面活性剤が使用され、リンスやトリートメントには 陽イオン界面活性剤が主成分となっているのです。

ただし、陰イオン界面活性剤との混合によって効力が低下するので 石けん系のシャンプーの後に使用する場合には、十分洗い流す必要があります。 陽イオン界面活性剤は、表皮や髪のタンパク質であるケラチンとの結合力が強いのですが その分、刺激性や毒性があるのです。

リンスやトリートメントで髪がしっとりするのはこの陽イオン界面活性剤のお陰なのですが、 危険性も高いというわけです。
特に一度の使用で劇的な変化がみられるリンスやトリートメントは注意が必要かもしれません。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集