トップページ >  > 両性界面活性剤とは

両性界面活性剤とは


陰イオン、陽イオンのほかにプラス(陽)とマイナス(陰)、両方の性質を持つ「両性界面活性剤」があります。 まわりがアルカリ性領域なら陰イオン界面活性剤の性質、酸性領域なら陽イオン界面活性剤の性質を示します。 洗い流すマイナスの性質の時は洗浄力を発揮して、 吸着するプラスの性質の時には殺菌力を発揮します。

本来なら両方の性質はお互いに打消し合うものなのですが、 両性界面活性剤は、両方の性質を兼ね備えており、洗い流しながら コンディショニング効果も発揮するという大変便利な成分です。 陰イオン界面活性剤の刺激を緩和する作用もあるので、補助的な役割として 配合されることが多いようです。

さらに洗浄性や泡立ちを向上させるという働きも持ち合わせています。 たとえば、一種類の界面活性剤だけでは泡立ちが悪いときに 両性界面活性剤をプラスすることで起泡性を高めることもできます。

よく利用される両性界面活性剤には、最も簡単な構造の「ベタイン型」、 最も刺激が少ない「イミダソリン型」、大豆油などの天然由来の「レシチン型」などがあります。 成分表では、○○ベタイン、ココアンホ○○、ラウリミノジ○○などの名称で表記されています。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集