トップページ >  > 界面活性剤はいろいろな生活用品の例

界面活性剤はいろいろな生活用品の例


界面活性剤は、異なる物質を境界面で混ざりやすくする作用を持つ物質のことであり、 私たちの生活のさまざまなところで利用されています。

水にも油にも馴染みやすい性質を持っているため、 本来なら混ざり合わない水と油も混ぜ合わせることができるのです。 界面活性剤が使われているものはいろいろありますが、代表的なものでは次のようなものがあります。 洗濯用洗剤、台所用洗剤、シャンプー、リンス、コンディショナー、食品添加物、化粧品、殺虫剤などです。

洗剤や化粧品などはわかりますが、食品にも使われているとは驚きですね。 食べ物には水に溶けるものと溶けないものがあり、それらを混ぜ合わせるときに 界面活性剤を配合して混ぜ合わせるというわけです。

この作用は乳化といい、食品ではバターやマーガリン、マヨネーズ、 アイスクリームなどが代表的なものになります。

また、意外なところでは新聞や雑誌など紙を作る際にも界面活性剤が使われているほか、 印刷するときにも使用されています。

界面活性剤にはいくつかの種類がありますので、 その特性によって使い分けられています。
育毛シャンプーを採点!

人気の男性用育毛シャンプーを徹底して成分鑑定しました!

育毛シャンプーを採点!
全部の成績表はこちら。

自分の頭皮に合うシャンプー選び

育毛シャンプーの効能成分

男性育毛シャンプーの成分評価

男性の薄毛対策を特集