更新日:2018/10/23

「育毛シャンプー」と「育毛剤」のダブル対策こそ、最強の抜け毛対策です!

男性用育毛シャンプーは、配合成分で選べば、育毛に効果的です。

配合成分は、10種類の育毛効能に分けられます。

配合成分が何の効能かわかれば、育毛シャンプーの実力がわかります。このサイトでは、多くの男性用育毛シャンプーを成分評価しています。



人気の男性用育毛シャンプーを10項目で徹底評価しました

男性用育毛シャンプーを選ぶポイント
『育毛効果のある成分』の効能範囲が広い
(男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、代謝促進、抗菌、角質溶解、抗酸化の10種の効能)
『洗浄成分』アミノ酸系が頭皮によく洗浄効果も高い
オレフィンスルホン酸Naなど刺激の強い『悪い成分』が入ったものはダメ

人気の育毛シャンプーを、『10の育毛効果成分』『洗浄成分』『髪に悪い成分』の3項目で評価しました!

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評

リマーユスカルプシャンプー

馬油・アミノ酸系

なし


モンゴ流シャンプーEX

アミノ酸系・植物性・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


アルガンK2

アルガンオイル・アミノ酸系

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評

スカルプD オイリー

アミノ酸系・植物系洗浄剤

各種ポリマー・防腐剤


凌駕ホワイトクレイシャンプー

粘土・植物系洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


ラムダケア

海シルト・合成洗浄剤

なし


アランテブラック ナチュラルシャンプー

植物性洗浄剤・合成洗浄剤・ベタイン系

オレフィンスルホン酸Na


ディグニティ バイ スカルプD

アミノ酸系・植物系洗浄剤

没食子酸プロピル、エチドロン酸


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評

Hattoナチュラルシャンプー

カリ石ケン素地・マンナン

なし


リーブ21 ホームケアシャンプー

植物性洗浄剤・ベタイン系

なし


インディアン伝承シャンプー

アミノ酸系・粘土・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na


リモアシャンプー

植物系・合成洗浄剤

なし


ニーズプラスシャンプー

植物性洗浄剤・ベタイン系

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 洗浄
成分
悪い
成分
総評

ブラックケアシャンプー

植物性洗浄剤・ベタイン系・合成洗浄剤

オレフィンスルホン酸Na、イソプロパノール


S-1無添加シャンプー

アミノ酸系

オレフィンスルホン酸Na


Growth Projectアロマシャンプー

植物系・合成洗浄剤

ラウレス4/5カルボン酸Na


プログノ126シャンプー

アミノ酸系・合成洗浄剤

パレス-3硫酸Na

スマホの場合、表が右(→)にスライドできます

比較表の見方

育毛成分の効能は、以下の10つの育毛効果に分けられます。
比較表では、含まれている成分がこの10の効能のうち、どれをカバーしているかをチェックしています。 男性用育毛シャンプーを購入する前に、どんな効能があるのか成分みることで、その商品の価値がわかります。 をクリックすると、その男性用育毛シャンプーの成分評価ページへ移動します。

男性ホルモン抑制成分
男性ホルモンが生成する脱毛ホルモンは薄毛や抜け毛の原因になるので、これを抑制する成分が、育毛の役に立ちます。

血管拡張成分
血管を拡張する成分は、抹消血管を拡張することで、血行・血流を促進するので、育毛効果をもたらします。

栄養補給成分
頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えることで、頭皮細胞を活性化させるので、育毛を促進することになります。

抗脂漏成分
抗脂漏成分とは、頭皮の皮脂を過剰に分泌しない成分のことで、頭皮環境を整えておくことが脱毛予防には効果的です。

保湿成分
頭皮の保湿は、頭皮の表皮に余分なフケ、頭皮の代謝を低下を防ぐので、脱毛予防には効果的です。

消炎成分
頭皮の肌荒れを防ぐことで、かゆみを予防することにもつながります。頭皮にいい消炎成分で、頭皮環境を整えることが育毛には大事です。

頭皮代謝活性化成分
頭皮の代謝を活性化する成分を、外部から与えることで、頭皮環境を改善し、脱毛予防、育毛促進につながります。

抗菌成分
頭皮には何千億も菌が活動しています。頭皮に抗菌成分を与えることで、これらの菌の増殖を抑えて、脱毛を予防します。

角質溶解成分
頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。頭皮を柔らかくすることは、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にもよく、脱毛予防につながります。

抗酸化成分
お肌と同じように、頭皮にも皮脂分泌があるので、毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めます。毛穴の酸化や活性酸素を抑制するのが、抗酸化成分です。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「育毛効果」 +「洗浄成分」 +「髪に悪い成分」

「育毛効果」の採点法
(男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化、の各効能)
= 1点
= 0点

「洗浄成分」の採点法
(洗浄成分を肌への刺激度・洗浄効果で採点)
= 3点
= 2点
= 1点
= 0点

「悪い成分」の採点法
(肌に刺激的成分がどれだけあるかで採点)
= 2点
= 1点
= 0点

育毛成分がどのくらい効能をカバーできているかを注目して、育毛シャンプーの成分評価をしています。左列のボタンで、商品の成分解析がわかります。 比較表では、男性の育毛シャンプーの全成分について、効能・洗浄成分・悪い成分で総合的に採点。



自分の頭皮に合った男性用育毛シャンプーの選び方~育毛シャンプーは比較評価で選ぶ!

男性用育毛シャンプーを1つ選ぶなら、まず自分の頭皮の状態を良く知ることから始めることが重要です。

自分の頭皮の状態が分かれば、それを対策できる成分が入った男性用育毛シャンプーを選ぶだけです。育毛シャンプーを配合成分で比較評価してベストを選びましょう!



男性用育毛シャンプーをシャンプーの特徴で選ぶ! 育毛シャンプーランキング 男性版は?

自分の頭皮の状態がよくわからないなら、シャンプーの特徴で選んでみるもの一つの方法です。

最近の育毛シャンプーには、配合成分によって、ピンキリの特徴があります。市販のシャンプーを使い続けるより、育毛シャンプーのほうが髪や頭皮にはよいでしょう。育毛シャンプーランキング(男性)もあります。





【サイトの調査について】
※当サイトでは、男性の育毛シャンプーに含まれる成分を化学成分辞書を参考にして、1つずつ配合成分を効能ごとに分類しています。
※当サイトの「男性用育毛シャンプーランキング」は、育毛成分を効能ごとに分類して採点した結果です。採点方法はページ下部を確認ください。
※育毛シャンプーの配合成分の効能については、研究者により見解が分かれることがあります。個人での判断の上、ご活用下さい。
※掲載の男性用育毛シャンプー情報に関しましては、リンク先の各男性用育毛シャンプーサービス会社のサイトにてご確認下さい。



シャンプーと頭皮のことを知る!

シャンプーと頭皮のこと、雑学集です。いろいろ知ることができれば、シャンプーを選ぶ際に、一生使える知識になります。髪のトラブル・薄毛予防をするなら知識から始めることです。



界面活性剤・男性シャンプーに含まれる成分を学ぶ!

シャンプーに含まれる成分がどんなものか知ると世界が変わります。特に、洗浄用途に使われる界面活性剤は、シャンプー選びのキーポイントになるので、自分一押しのシャンプーが決められてない人は要チェックです。


「ヘアケア」の関連サイト

「ヘアケア」に関係するサイトはこちらです。
   男性用アミノ酸シャンプーの比較おすすめ
   白髪染めトリートメント比較おすすめ